ポーカースターズでプロの心理戦略術を習得!オンラインポーカー情報サイト

テキサスホールデムポーカーのルール・遊び方

 

 

テキサスホールデムポーカーには、ベット金額に制限のある「リミット」と制限のない「ノーリミット」の2種類がありますが、世界のポーカートーナメントやカジノでメジャーなのは「ノーリミット」です。

 

 

ノーリミットテキサスホールデム」では、各プレイヤーに配布された2枚のカードとテーブル中央に置かれた5枚の共通カード(コミュニティーカード)の合計7枚のうち、5枚を選択してできる役の高さで勝負を決めます。

 

 

1.必要なものを用意する

52枚のトランプ(ジョーカーを除く)とディーラーボタンを用意します。

 

>>必要な用具はコチラ

 

 

2.ボタンを決める

最初にゲームアクションの基準になる「ボタン」(ディーラーボタン)の人を決めます。

 

 

まず、ディーラーは各プレイヤーにポーカーカードを配ります。各プレイヤーに1枚ずつ配られたカードの中で最も強いカードに当たった人が「ボタン」なり、そのゲーム終了後はボタンが左のプレイヤーに移動され、次のハンドがスタートする形になります。

 

※ その後はゲームごとに時計回りにボタンが移動

 

 

 

なお、数人のプレイヤーの手持ちカードが 同数字だった場合は「クラブ>ダイヤ>ハート>スペード」の順でカードの強さが決まり、最も強いカードの人が「ボタン」になります。

 

 

3.ブラインドを置く

カード配布後、ボタンの左のプレイヤーがブラインドという強制的に出す賭け金を置きます。なお、このプレイヤーを「スモールブラインド」(SB)と呼びます。

 

 

また、「スモールブラインド」の左のプレイヤーを「ビッグブラインド」(BB)と呼び、このプレイヤーもブラインドを置かなければなりません。そしてその金額は一般的にスモールブラインドの2倍の賭け金となり、これが当ゲームの最低賭け金(ミニマムベット)額となります。

 

 

 

なお、ポーカートーナメントではプレイヤーのアクションを促進するために、ブラインドの大きさが一定時間経過ごとに上昇し、さらにポーカーゲームごとに少額のチップを強制的に徴収される「アンティ」システムが導入されることもあります。

 

 

4.ホールカード配布

ディーラーが、「ボタン」の左側のプレイヤーである「スモールブラインド」から時計回りに2周カードを配布します。このとき、カードの数が見えないように伏せた状態で配布していきます。

 

 

そして、この1プレイヤーにつき2枚配られたカードのことを「ホールカード」と呼びます。

 

 

※ テキサスホールデム、オマハ、7カードスタッドなどポーカーゲームの種類でそれぞれ配布数が異なり、裏表にするカード枚数も違ってきます。

 

 

5.プリフロップ

ホールカードを配布し終えたら、「ビックブラインド」の左のプレイヤー「アンダーザガン」(UTG)の人から「ベット」・「コール」・「レイズ」・「チェック」・「フォールド」などのアクションを起こしていきます。

 

 

この時点ではテーブル中央に3枚の共通カードは置かれておらず、この状態のことを「プリフロップ」と呼びます。

 

 

 

ベット
一番最初にかけ金を賭けること。一番最初にチップをポットに入れること。

 

コール
直前にベットしたプレイヤーと同額チップになるようにかけること。たとえば、自分が1ドルベットした後に他のプレイヤーが2ドルをベットし、その後自分のアクションで「コール」をする場合2ドルを出すのではなく、前に出した1ドルにプラスしてもう1ドルベットすれば良いことになる。

 

レイズ
前のポジションにいるプレイヤーがベット、コールをした場合、その金額の2倍以上のチップを出してベット額を引き上げること。ちなみに「リレイズ」は前のプレイヤーのレイズにさらにレイズを起こすことをいう。( ※ 1ゲーム3回までなど制約があるゲームもある

 

チェック
ベットしないでスルーし、次のプレイヤーにアクションを回すこと。自分が初めにアクションできるとき、または誰もベット金をかけないで自分の順番になった時有効で、テーブルを数回たたくことが意思表示となる。

 

フォールド
勝ち目がないと判断し、ハンドを伏せた状態で捨ててゲームを降りること。降板後はそのゲームでベットする必要がなくなり持ちチップが守られる。

 

 

 

すべてのプレイヤーのアクション終了後は、ディーラーがベットされたチップを回収していきます。

 

 

なお、「アンダーザガン」は「拳銃に撃たれそうになっている人」という意味合いがあり、実際に他のプレイヤーに自分の情報をさらけ出すポジションのため、最も不利な場所といえます。

 

 

6.フロップ

ディーラーはテーブル中央に3枚の共通カード(コミュニティーカード)を表向きに置きます。このカードを「フロップ」と呼びます。

 

 

フロップカードオープン後は、ディーラーボタンに最も近い位置にいるプレイヤーから時計回りにアクションを起こしていきます。

 

※ その後もディーラーボタンの左隣のプレイヤーからアクションが始まります

 

 

すべてのプレイヤーのアクション終了後に、1回目と同じくディーラーはベットされたチップを回収します。

 

 

7.ターン&リバー

ディーラーはテーブル中央に4枚の共通カード(コミュニティーカード)を表向きに置きます。このカードを「ターン」と呼びます。

 

 

その後「フロップ」と同じようにディーラーボタンに最も近い位置にいるプレイヤーからアクションをおこない、その後チップ回収、さらに5枚目の共通カード(コミュニティーカード)を表向きに置きます。このカードを「リバー」と呼びます。

 

 

 

そして、フロップ・ターン・リバーで表向きにされた5枚の共通カードが、最終的に役を作る時のカードとして用いられます。

 

 

8.ショーダウン

各プレイヤーが持っている手持ちハンド2枚と、フロップ・ターン・リバーでテーブル中央に置かれた5枚の共通カードの合計7枚から5枚を選択し、最も強いハンドがそろったプレイヤーがポットにプールされたすべてのチップを獲得します。

 

 

この時、手持ちハンドを見せることを「ショーダウン」と呼びます。

 

 

なお、もしここでハンドがタイだったプレイヤーがいた時は、そのプレイヤー同士でポットを分割することになります。

 

 

 

ちなみに、自分以外の他のプレイヤーが「フォールド」した場合は、自身のハンドをオープンしないで(見せないまま)すべてのポットを獲得することが可能です。

 

 

また、プレイヤー全員がチェックで回った時や、ベット・レイズに対してコールがあった場合(プレイヤーが2人以上残っている)ショーダウンが行われ、プレイヤーの手持ちハンド2枚を順に公開し、役の強さで勝敗を決めます。

 

 

※ 勝敗は「ワンペア」や「ツーペア」で決まることが多く、スリーオブアカインド(スリーカード)以上の出現率はたった5%ほどしかありません。そのため、ロイヤルフラッシュはおろか、ストレートフラッシュ、フォーオブアカインド、フルハウスなどの高い役が出ることはそうそうありません。>>各役の出現確率はコチラ

 

 

 

当サイト一押しのオンラインポーカー

有名プロプレイヤーの9割が利用する世界一のオンラインポーカー

ポーカースターズの詳細はコチラ

 

 

オンラインポーカーって何?・・・という方へ

オンラインポーカーを知るための2つのこと


トップページ オンラインポーカーとは? オンラインポーカーQ&A ポーカースターズ お問い合わせ