ポーカースターズでプロの心理戦略術を習得!オンラインポーカー情報サイト

ポーカーと麻雀の3つの共通点とは?

 

ポーカーと麻雀は「スキルゲーム」という頭を使ったゲームという点で同ジャンルに属していますが、両者ともいわゆる「技術」だけで勝敗が決まるのではなく、「」の要素、さらには相手プレイヤーの「心理」を読み解く必要がある非常に高度な頭脳ゲームです。

 

 

1.不完全情報ゲームである

ポーカーは麻雀や囲碁・将棋と同じく脳に汗をかく必要のある「スキルゲーム」に分類されますが、ポーカーと麻雀にはあって、囲碁・将棋にはない特徴があります。

 

それは、ポーカーと麻雀が相手プレイヤーの手札が分からない「不完全情報ゲーム」ということです。

 

 

囲碁・将棋は、対戦者同士がすべての情報を共有・把握している頭脳ゲームで、とくに「完全情報ゲーム」と呼ばれていますが、ポーカーや麻雀は相手のハンドを予想する作業が必要になります。

 

しかも、プレイヤーが理論的に正しいプレイをしてくるわけではないため、相手の性格や心理的な動きを見極めて次の手を打っていく洞察力が求められます。もちろん、その洞察は各プレイヤーによって変えていかなければなりません。

 

その点、不完全情報ゲームは非常に人間的コミュニケーションが必要なゲームと言えるでしょう。

 

 

また、ポーカープレイヤーはデイトレードやスイングトレードといった短期投資家のようにも見られますが、これらの職業と異なる点は「人を相手にしている」ことです。

 

そのため、相手とのコミュニケーションによる人間心理の深い洞察が必要になってきます。

 

 

2.運が必要なスキルゲームである

ポーカーや麻雀は脳に汗をかく必要がある「頭脳ゲーム」ですが、囲碁・将棋のような完全頭脳ゲームではなく、「」の良さもある程度必要になってくるゲームといえます。

 

なぜかというと、ポーカーや麻雀は最初に配られるカードや牌が偶然・運に左右される側面があるからです。、

 

 

ただ、ポーカー映画「ラッキーユー」に出演していたポーカープレイヤーが「2,000ゲームを超えればゲームスキルがハッキリする」と言っているように、ある程度ゲーム数をこなしていくと腕・スキルが高いプレイヤーが安定的に勝つようになります。

 

 

3.相手の心理を読み解くスキルゲームである

ポーカーと麻雀は対戦相手のプレイヤーがいて初めてゲームとして成り立ちます。

 

ルーレットやスロットマシーンのように物や機械が相手ではないのです。

 

とくにポーカーの場合は、相手プレイヤーの性格や心理の動きで次々と対応を変えていくゲームなので、正直なところコンピューター相手ではスキルの向上ができないばかりか、本来のゲーム自体が成り立たないのです。

 

 

当サイト一押しのオンラインポーカー

有名プロプレイヤーの9割が利用する世界一のオンラインポーカー

ポーカースターズの詳細はコチラ

 

 

オンラインポーカーって何?・・・という方へ

オンラインポーカーを知るための2つのこと


トップページ オンラインポーカーとは? オンラインポーカーQ&A ポーカースターズ お問い合わせ