ポーカースターズでプロの心理戦略術を習得!オンラインポーカー情報サイト

2.有料オンラインポーカーサイトに人気が集まる3つの理由

 

1.有料プレイでスキル上達が早くなる

ポーカーをプレイするためにカジノ場に入ることになりますが、カジノに入場できるのはほとんどの施設で21歳以上、ヨーロッパにおいては18歳以上のところが多いです。

 

しかし、毎年のように世界中で開催されるポーカートーナメントの上位入賞者には、今や数十年間ポーカースキルを磨いてきたプロフェッショナルを抑えて20代前半〜30代の若者が数多く台頭してきています。

 

実際に、世界一の「WSOP」メインイベントにおいても、2008年〜2012年の4年連続優勝者はすべて20代〜30代の若者でした。( ※ 上位に残る参加者の多くは30〜40代

 

 

なぜ彼らはライブゲームのキャリアがほとんどないのに優勝してしまったのか・・・?

 

じつは、オンラインポーカー(ポーカースターズ)でポーカースキルを磨いていたのです!

 

 

10代からポーカースターズ有料ゲームキャッシュゲーム)で腕を磨いて、21歳でポーカートーナメントに参加できるようになるまでにプロフェッショナルレベルの経験値を積んでいたのです。

 

>>詳細はコチラ

 

 

2.プレイ内容を記録として残せる

オンラインポーカーでは、効率的なスキルアップが実現できるほかにも、プレイ内容が記録できるシステムが備わっています。

 

これは、囲碁・将棋でいうところの記録係同等の役割を担っていて、しかもオンライン記録のためいつでも過去のデータを確認したいときに再生ができるのです。

 

そのため、自分がこれまでどのような手持ちカード、ハンドでどんなプレイをしてきたかを確認でき、次のスキルアップのための参考資料として有効活用できるわけです。

 

 

ただし、ポーカースターズなどオンラインポーカー自体に備わっている機能ではなく、「ホールデムマネージャー」などの別途ソフトの購入が必要になります。

 

>>詳細はコチラ

 

 

3.若い世代の高収入職業になっている

ポーカーや囲碁・将棋は「ギャンブル」ではなく「スキルゲーム」という頭脳スポーツに属していて、世界には多くのプロフェッショナルが存在します。とくにアメリカやヨーロッパにプロポーカープレイヤーが多く1つの職業として一般的に認知されているほどです。

 

また、ビジネスや投資で富を築いてきたリタイヤ層も数多くポーカートーナメントに出場しているため、社会的にも高い地位の職業といえるかもしれません。

 

 

2008年〜2011年の世界的高額賞金ポーカートーナメント「WSOP」では、上位に残る参加者の多くが30〜40代で、メインイベント優勝者は4回とも24歳以下のオンラインポーカー出身者でした。

 

囲碁・将棋のように腕やスキルを磨いて「オンラインポーカー」でどんどん賞金を勝ち取っていけるのに加えて、ランドカジノで開催されるポーカートーナメントでもその経験が十分活かされ、さらなる賞金を獲得できる・・・。

 

若い世代を中心に花形的高収入職業の地位を確立しているのが「オンラインポーカー」なのです。

 

 

1.オンラインポーカーとは?(歴史)

 

 

当サイト一押しのオンラインポーカー

有名プロプレイヤーの9割が利用する世界一のオンラインポーカー

ポーカースターズの詳細はコチラ

 

 

オンラインポーカーって何?・・・という方へ

オンラインポーカーを知るための2つのこと


トップページ オンラインポーカーとは? オンラインポーカーQ&A ポーカースターズ お問い合わせ